ID : 4913
公開日 : 2007年 10月 6日
タイトル
温暖化防止へ森林守れ 高松で「木づかいシンポ」
.
新聞名
四国新聞
.
元URL.
http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/locality/article.aspx?id=20071008000077
.
元urltop:
.
写真:
 
.
国産木材利用の重要性を考える「木づかいシンポジウム2007in香川」(日本木材総合情報センター主催、四国新聞社など共催)が7日、高松市サンポートのかがわ国際会議場であった。大学教授らが講演や パネル討論を通して、国産木材の適正管理や利用促進による地球温暖化防止を訴えた。
 温暖化防止に向け、二酸化炭素の吸収源となる森林が荒廃する日本で適切な伐採、植林、育成など循環的な森林づくりを進める重要性を理解してもらうのが狙い。約200人の市民らが参加した。
 基調講演では、京都大生存圏研究所長の川井秀一教授が日本の木材自給率が20%程度にとどまっている現状を説明。「間伐などきちんと手入れをしなければ山は守れず、温暖化防止につながらない」と指摘し、森林 荒廃を食い止めるためにも国産材を有効に活用していく必要性などを訴えた。
 パネル討論では「木づかい応援団」のメンバーでプロ野球元西鉄ライオンズ監督の中西太氏=高松市出身=や、木製品製造業者、消費生活アドバイザーら6人が登壇。国産材の利用拡大に向けては、パネリストから「 ニーズにあった商品を作るとともに消費者も声を上げるべき」「どれが国産材か分からない」「メディアを使った広報をしてはどうか」などの意見が寄せられた。