ID : 4936
公開日 : 2007年 10月10日
タイトル
間伐推進強化期間の取り組みについて
.
新聞名
エコロジーシンフォニー
.
元URL.
http://www.ecology.or.jp/w-topics/wtp23-0710.html
.
元urltop:
.
写真:
 
.
林野庁は、間伐等の適切な実施や多様な森林づくりの推進を目的として「美しい森林づくり推進国民運動」を官民一体となって展開しています。同庁は、10月、11月を「間伐推進強化期間」として設定し、間伐 推進中央協議会等と連携して以下の取組を実施する。
1.間伐推進強化期間の設定(10月、11月) 間伐推進ポスター「間伐でつくろう美しい森林」や広報誌によるPRを実施する。(別紙1)
2.間伐・間伐材利用コンクールの実施 間伐を通じた森林の育成と間伐材利用に係る斬新かつ積極的な取組を普及するために、間伐・間伐材利用コンクール(「林業事業体による森づくり」「森林ボランティア団体等による森づくり」「暮らしに役立つ間伐材利用 」の3部門で構成)を実施する。審査委員会で林野庁長官賞等11点を選考し、10月19日の森林整備シンポジウムで表彰する。(別紙2)
3.森林整備シンポジウムの開催 10月19、20日に大分県別府市で「森林整備シンポジウム2007 in おおいた」を開催する。間伐推進強化期間のメインとなるイベントとして実施し、今回のテーマは「みんなの力で、未来に引き継ぐ美しい森林づくり ~森林整備と木材利用で導く森林・林業の再生~」。主なプログラムは 、(1)基調講演(鹿児島大学教授 遠藤日雄氏)、(2)事例発表(間伐の先進的な取組事例や間伐材等地域材の有効利用の取組事例を発表)、(3)大会宣言、(4)間伐・間伐材利用コンクールの表彰、(5)現地研修等。( 別紙2)
4.その他の取り組み 間伐推進中央協議会を構成する17の林業団体において、国や地方と連携した間伐の推進、間伐材の利用促進等に向け、間伐材製品の展示やパンフレット作成などのPR活動等を実施する。