ID : 5049
公開日 : 2007年 10月19日
タイトル
木材業界発展へ決意 高松で初の全国振興大会
.
新聞名
四国新聞
.
元URL.
http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/locality/article.aspx?id=20071019000128
.
元urltop:
.
写真:
 
.
木材産業の課題を探り業界の活性化につなげる第42回全国木材産業振興大会(全国木材組合連合会など主催)が18日、高松市玉藻町の県民ホールであり、業界発展を目指して国産材の利用拡大など諸課 題に全力で取り組むことを誓った。
 香川県内初開催となる今回のテーマは「築け『木づかい』新時代 木材の利用で進む美しい森林づくり」。全国から業界関係者約600人が参加した。
 大会会長の庄司橙太郎・全国木材組合連合会長が「木材価格は低迷を続け、木材産業や地域の林業は依然として深刻な状況にある。明るい展望を見いだしにくいが、業界一丸となって苦境を乗り切りたい」とあいさつ。 ▽信頼性の高い木材の普及▽地球環境と健康に優しい木材の利用推進―など5項目を盛り込んだ大会宣言を決議した。
 愛媛大の泉英二農学部長が「21世紀をどう創るのか―木材を使う新しい意義」と題し講演。表彰式では、木材産業や組合事業に功績のあった計158人に表彰状や感謝状を贈った。
 香川県関係で表彰を受けたのは次の通り。(敬称略)
【木材産業功労者】全木連会長表彰状 松高照広(県木材協会副会長)川西洋一(元県木材協会理事)
【協同組合事業功績者】林野庁長官感謝状 枝園仁(県木材産業協同組合副理事長)▽全木協連会長表彰状 和田光行(元県木材産業協同組合理事)