ID : 5064
公開日 : 2007年 10月21日
タイトル
企業の森林づくり壮瞥で第一弾 サミットに向け町民 が500本植樹
.
新聞名
北海道新聞
.
元URL.
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/society/55919.html
.
元urltop:
.
写真:
 
.
】「ほっかいどう企業の森林づくり」事業の第一弾となる植樹が十九日、北海道洞爺湖サミット開催地に隣接する、胆振管内壮瞥町内の山林で行われた。
 企業の森林づくりは、伐採後に植林されない道内各地の広大な人工林の解消を目指し、道が民間企業の協力を得て行う。今回はサッポロビール(東京)が資金面で協力。壮瞥町職員や地元住民、小学生ら約百六十人が 参加。洞爺湖を見下ろす町内の五ヘクタールの山林で、冷たい風にもめげず、五十センチほどのトドマツの苗木約五百本を植樹した。
 森林は、地球温暖化の原因となる二酸化炭素を吸収する効果があり、壮瞥町などは洞爺湖サミットのメーンテーマとなる「環境問題」に、住民の関心が高まることなどを期待していた。