ID : 5123
公開日 : 2007年 10月25日
タイトル
東レ、「東レグループCSRレポート2007」を発行
.
新聞名
日経プレスリリース
.
元URL.
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=173546&lindID=4
.
元urltop:
.
写真:
 
.
東レ株式会社では、このたび東レグループにおける2006年度(2006年4月~2007年3月)のCSR活動の取り組みをまとめた「東レグループCSRレポート2007」を発行いたしました。
 本レポートは、環境面の「安全・防災・環境保全」「リサイクル」への取り組みはもちろん、「企業倫理・法令遵守」「ステークホルダーとの対話」「人材育成」「社会貢献」等、社会面での当社グループの取り組みについて、「C SRガイドライン」10項目に沿って昨年1年間の活動内容を幅広く網羅して報告しています。中期経営課題「プロジェクトInnovation TORAY 2010(IT-2010)」において「CSRのInnovation」を含む「5つのInnovati on」を経営課題として掲げていることを受け、今回のCSRレポートでもInnovationをキーワードに東レグループのCSR活動を紹介しています。
 また、本レポート内容は、東レホームページの「CSR」コーナーからPDFファイルをダウンロードすることができます。
 なお、主な内容は下記の通りです。

 記

【表紙について】(※参考画像1は関連資料を参照)
 今回の表紙では、ドングリ(シラカシ)をモチーフにし、三島工場での30年来の緑化活動について紹介しています。
 東レでは、13事業場・工場で、「鎮守の森方式」により合わせて約19万m2の緑化を行い、環境保全に努めています。「鎮守の森方式」とは、「その土地本来の植物は、地震・火災・土砂崩れなどの厳しい環境でも耐えて 長持ちし、人の手が加えられなくても台地を包む緑となる」(宮脇昭・横浜国立大学名誉教授)との考えの下、地域の樹木・植物の種を拾ってきて森に育てる緑化方法です。最近注目されている「生物多様性の保全」にい ち早く目を向けた取り組みと言えるでしょう。
【東レの80年とInnovation】(※参考画像2は関連資料を参照)
 東レは創立以来、「わたしたちは新しい価値の創造を通じて社会に貢献します」との企業理念の下、事業を展開してきました。東レの80年は、いわばInnovationの歴史と言えます。ここでは、創立時から社会に貢献して きた数々のInnovationを、製品写真とグループ全体の売上高推移とあわせて、年表形式でまとめています。
【こんなところにも東レです】
 東レの素材は、私たちの生活のいろいろな場面で使われています。ここでは、「アウトドア」「街」「家庭」「オフィス」の生活シーンに分け、東レの製品を紹介しています。
【CSR活動のハイライト】
 「社会的課題と東レグループの取り組み」という切り口から、2006年度の活動トピックスとして「地球温暖化問題への取り組み」「水資源問題への取り組み」「女性活躍推進とワークライフバランスの追求」の3つを取り上 げています。
1.地球温暖化問題への取り組み
 東レグループでは、1973年のオイルショックを契機に省エネ活動を地道に継続する一方、燃料転換などにより、CO2などの温室効果ガス排出量を着実に削減してきました。このような取り組みにより、2005年に掲 げた地球温暖化対策の目標を達成できる見通しです。2007年度からは新たに策定された「第3次環境3ヶ年計画」に基づき、事業規模の拡大と環境負荷の低減を両立するために努力を続けます。
 さらに今後は、素材メーカーとして「製品のライフサイクルにおけるCO2削減への貢献」も期待されることから、航空機および自動車分野での炭素繊維事業の貢献についても積極的にアピールしています。
2.水資源問題への取り組み
 多くの国で水不足が発生し、安全な水の確保が世界的な課題となっています。東レは、あらゆる水質に対応できる水処理膜技術を持っており、水環境の課題解決に貢献する東レの水処理膜技術の適用例を、イラストと 写真で解説しています。
3.女性活躍推進とワークライフバランスの追求
 2004年度に発足した「女性活躍推進プロジェクト」を通じて、「女性が活躍できる企業文化」が確実に定着しつつあります。また、男女ともに多様なライフスタイルを選択できるよう、仕事と家庭の両立に資する制度が 拡充され、今年4月から運用されています。ここでは、「女性活躍推進プロジェクトの取り組み状況」および「仕事と家庭の両立支援制度の改定」について、一覧表で分かりやすくまとめています。
【東レグループのCSR-今とこれから-】
 東レグループがこれまでに取り組んできたCSR活動に加え、CSRロードマップ(中期実行計画)と進捗状況を紹介しています。
【CSRガイドライン】
 東レグループの10のCSRガイドラインとアクションプログラムごとの活動を紹介しています。各ガイドラインのページの最初に2006年度アクションプログラムと成果を簡潔に記載し、ポイントが分かりやすい構成 にしています。
 その他、社外表彰、環境・社会に貢献する製品、化学物質排出・移動量データ、東レ12工場の環境データ等、2006年度の実績を掲載しています。