ID : 384
公開日 : 2006年 2月25日
タイトル
森林活用へ天竜川流域連携 バイオマス活用探る
.
新聞名
静岡新聞
.
元URL.
http://www.shizushin.com/local_west/20060225000000000042.htm
.
元urltop:
.
写真:
 
.
天竜流域林業活性化センターと浜松市天竜総合事務所は24日、同市船明の天竜林業会館で「浜松バイオマストークin天竜」を開催した。バイオマス分野で先進的に取り組む企業を交え、天竜川流域の森林 資源の可能性を探った。
 会場には木材業や林業関係者約50人が集まった。講演では市からの業務委託で調査研究を進めている戸村信夫循環社会研究所社長が登壇した。戸村社長は調査結果の概要と他県での成功事例を紹介したうえで、天 竜地域への間伐材を含めた木質バイオマス発電導入モデルのいくつかを提示した。
 意見交換会では「いきなり発電施設をつくらず、空調や給湯など現実的な利用から取り組むべき」「年間の需要推移を把握し、バイオマスエネルギー供給を一定にした方が効率的」などの発言があった。原料供給からエ ネルギー利用までのシステムづくりの議論では、「天竜川流域全体で連携する必要がある。地域ぐるみで声を上げ、行政の後押しを求めたい」と行動を促す意見が出た。