ID : 5183
公開日 : 2007年 10月30日
タイトル
シベリア森林火災を通報/日航機、温暖化防止に協力
.
新聞名
四国新聞
.
元URL.
http://www.shikoku-np.co.jp/national/social/article.aspx?id=20071031000053
.
元urltop:
.
写真:
 
.
地球温暖化の一因とされるシベリア針葉樹林帯の森林火災。上空を通過する日航機が地上に炎上位置を通報、火災発生や拡大を防ぐ研究に一役買っている。
 シベリア針葉樹林は世界の森林面積の5分の1程度で、アマゾン川流域の熱帯雨林と同様、地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)の重要な吸収源。温暖化の影響による降水量の減少などで、たき火の不始末や落 雷をきっかけとした火災が頻発しており、大規模な森林の消失で温暖化が加速するとされている。
 森林火災を発見した操縦士は、操縦室内にある衛星利用測位システム(GPS)での航空機位置情報や、火災が見えた方角、距離、状況を通信システムで地上にデータ送信。日航は2003年から実施しており、昨年夏は 138件、今夏は約160件通報した。今後アラスカ上空などでも協力していくという。