ID : 5212
公開日 : 2007年 11月 3日
タイトル
協働の森づくりへ協定-県と損保ジャパンなど
.
新聞名
四国新聞
.
元URL.
http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/administration/article.aspx?id=20071102000100
.
元urltop:
.
写真:
 
.
 香川県は1日、損保ジャパン高松支店(高松市)、塩江町森林組合(同)と協働の森づくり協定を結んだ。環境保全に関心のある企業の社会貢献活動などを活用し、水源涵養(かんよう)機能の向上などを図 る。
 同協定は香川県のフォレストマッチング事業の一環で、今年4月以来、2例目。協定では、同社が森林整備・保全活動、同組合が活動に関する助言や指導、県が総合調整を行う役割。高松市民の水源地でもある内場池 上流の天満ヶ原の0・3ヘクタールに、3年間かけて計900本のヒノキを植林する。
 この日、香川県庁で真鍋武紀香川県知事と同社の田村康弘高松支店長、藤嶋忠男組合長の3人が宣言書に署名。田村支店長が代表して「天満ヶ原を命はぐくむ豊かなきずなの森として次世代を担う子孫に引き継ぐため 、協働して森づくり活動に取り組む」と宣言した。
 18日には、現地の0・1ヘクタールで300本を植える。