ID : 392
公開日 : 2006年 2月25日
タイトル
間伐材を利用し親子ら炭焼き挑戦 豊橋の総合動植物公園
.
新聞名
中日新聞
.
元URL.
http://www.chunichi.co.jp/00/ach/20060226/lcl_____ach_____004.shtml
.
元urltop:
.
写真:
 
.
カシやホルトの木を原料にした「炭焼き体験」が25日、豊橋市大岩町の豊橋総合動植物公園であり、48人の親子連れらが挑戦した。
 園内で間伐した木材を長さ1メートルほどに切断。約200本を幅2メートル、奥行き2・4メートルの炭窯の中に立てて並べた。続いて窯の口にれんがを積んで閉めた。
 空気が窯の中に入り込むと木材に着火してしまうため、子どもたちはれんがに泥を投げつけ、すき間をふさいだ。炭ができあがるまで1週間ほどかかるという。
 同市の天伯小学校3年鈴木聡太君(9つ)は「窯の中は狭かった。(小さい窯で)ドングリや落花生の炭も作った。またやりたい」と喜んでいた。