ID : 5264
公開日 : 2007年 11月 7日
タイトル
森林税 有識者懇話会が県に導入を提言
.
新聞名
信濃毎日新聞
.
元URL.
http://www.shinmai.co.jp/news/20071107/KT071106ATI090023000022.htm
.
元urltop:
.
写真:
 
.
 森林整備の財源確保策を検討してきた県森林づくりの費用負担を考える懇話会(菅原聡座長)は6日、県に森林税(仮称)の導入を提言した。県民税均等割に上乗せする方式とし、税額は個人が「年額500円 から1000円の範囲」、法人は均等割額の5%とし、できるだけ速やかに導入するよう求めた。
 菅原座長が県庁で村井知事に提出した提言書は、県内の森林の間伐が「先送りできない時期を迎えている」などとして新税導入の必要性を強調。「地域社会の費用を広く県民が負担する」との狙いから、県民税均等割 の上乗せ方式が望ましいとした。使い道は荒廃の目立つ里山の整備に重点を置くべきだとした。
 個人の税額は10月の最終会合で「1000円が望ましい」との文言を盛り込む方向だったが、「500円でよい」とする委員もいるなど意見が分かれたことを踏まえて見送り、県に判断を委ねた。
 知事は提言を受け、「今後さらに検討し、議会の意見をうかがいたい」と述べた。県は早ければ12月県会に関連条例案を提案、来年4月に導入する方向で準備を進めている。