ID : 5310
公開日 : 2007年 11月 9日
タイトル
関東でも廃木材バイオ燃料 環境省、公用車で使用開始
.
新聞名
東京新聞
.
元URL.
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2007110901000538.html
.
元urltop:
.
写真:
 
.
 環境省は9日、廃木材を発酵させて作ったバイオエタノールをガソリンに3%混ぜた「E3」燃料の使用を東京・霞が関の本省の公用車などで開始した。E3燃料の供給は、同省の実証事業の一環として先月 から大阪府内のガソリンスタンドで始まっているが、関東では初めて。
 植物を原料にしたバイオエタノールは、燃やしても京都議定書のルールで二酸化炭素(CO2)排出とみなされない。さらに、E3は廃木材を利用しているため、食料との競合が起きない利点がある。
 この日使用が始まったのは、環境省の公用車のうち天然ガス車などを除いた12台と、会計検査院の1台。新宿御苑内にある国の給油施設を改造し、E3を給油できるようにした。将来は一般のスタンドでも販売できる ようにする計画だ。