ID : 5332
公開日 : 2007年 11月10日
タイトル
「トヨタの森」活動の10周年記念式典を開催
.
新聞名
nikkei Bpnet
.
元URL.
http://www.nikkeibp.co.jp/news/eco07q4/551424/
.
元urltop:
.
写真:
 
.
トヨタ自動車は、緑化活動の公開や体験型プログラムを行う里山再生モデルである「トヨタの森」活動の10周年を記念し、9日、記念式典を開催した。
式典には林野庁、愛知県、豊田市などの来賓、渡辺捷昭トヨタ自動車社長らが出席。渡辺社長は今後の森林づくりに向けた取り組みやサスティナブルな社会貢献活動に関する方針を説明した。
「トヨタの森」は里山再生を通じた環境保全ノウハウの共有を狙いに、1997年10月に開設し、「整備」「調査」「教育」を活動の3本柱とする取り組みを進めている。
「整備」では「エコの森クラブ」活動として従業員・OBによる除伐、草刈り等を実施している。緑化活動の効果を定量的に把握するための「調査」を定期的に実施し、その結果を取りまとめホームページ上で公開している。 また、「教育」については、有識者による研究提言活動をはじめ、体験型の人材育成・啓発プログラムである「エコのもりセミナー」の開催などに取り組んでいる。これまで、のべ5万3000人以上が来場した。
トヨタは、「トヨタの森」活動のほかにも、中国やフィリピンにおける植林活動、国内の森林再生モデル構築に向けた三重県内の山林取得などの環境保全活動に力を入れている。今後も「サステイナブルな人と社会への貢 献」をキーワードに社会貢献に取り組む方針。研究開発、モノづくりを合わせた「3つのサステイナビリティ」の追求に向け、一層の取り組み強化を図っていく