ID : 5439
公開日 : 2007年 11月20日
タイトル
京都議定書における森林のCO2吸収量評価に関する ワークショップ開催 参加者募集へ
.
新聞名
EICネット
.
元URL.
http://www.eic.or.jp/news/?act=view&serial=17693&oversea=0
.
元urltop:
.
写真:
 
.
環境省は、平成19年11月29日に早稲田大学小野記念講堂(東京都新宿区)において、早稲田大学環境総合研究センターとの共催により「京都議定書における森林のCO2吸収量評価に関するワークショッ プ」を開催すると発表した。
 今回のワークショップでは、気候変動枠組み条約事務局へ2007年5月に提出した日本の国別インベントリ報告書のうち、環境省地球環境研究総合推進費によるプロジェクト「京都議定書吸収源としての森林機能評価 に関する研究」の成果を中心に、森林の吸収量及びその算出方法、実際に3.8%を確保するために必要な森林・林業政策シナリオ等について、研究分野での知見を中心に報告がなされる予定。
 ワークショップへの参加費は無料、但し、11月26日までに、専用ホームページ(http://www.f.waseda.jp/yasu/b-60.html)から申し込むことが必要。【環境省】 記事に含まれる環境用語 ワークショップ 環境研 気候変動 吸収源 京都議定書