ID : 5459
公開日 : 2007年 11月23日
タイトル
丸太切りや野菜即売に列 宇治で地産地消の農林まつり
.
新聞名
京都新聞
.
元URL.
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2007112300134&genre=K1&area=K20
.
元urltop:
.
写真:
 
.
 地産地消の推進を図る「宇治市農林まつり」が23日、京都府宇治市の西宇治公園で開かれた。丸太切り競争や採れたて野菜の即売など多彩な催しがあり、親子連れらでにぎわった。
 まつりは、稲作や花き、茶、森林など市内の農林業団体と市、JAで組織する実行委員会が毎年開いている。
 会場は、各組合がブースを設け、新鮮野菜の即売や抹茶の臼ひき体験、おにぎりの無料配布などで「地元産」をPRした。つきたてもちの試食や農産物の福袋には長蛇の列ができたり、寄せ植え教室や親子木工教室が 人気を集めた。
 間伐材を活用した「丸太切り競争」は、子どもからお年寄りまで幅広い年齢層が参加した。500グラムの重さに近づけるよう丸太を切るゲームで、参加者は見本の木片を参考に、切る位置を慎重に計測していた。懸命 にのこぎりを動かして、ぴったりの重さに切れた親子は、とびあがって喜んでいた。