ID : 5531
公開日 : 2007年 11月28日
タイトル
森は大切 間伐通じ学ぶ 呉市灰ケ峰
.
新聞名
中国新聞
.
元URL.
http://www.chugoku-np.co.jp/Reporter/Rc07112902.html
.
元urltop:
.
写真:
 
.
呉市の灰ケ峰公園で、「どんぐり塾」が開かれた。将来の森林ボランティア育成を目指し、呉市が子どもと保護者を対象に森と人のかかわりを楽しく指導している。
 本年度の最後の四回目は「今日から木づかい応援団」と題し、小学生十七人がヒノキの間伐作業を体験。ヘルメット姿の児童たちは、森林ボランティア団体「もりメイト倶楽部」のメンバーと一緒に森へ入って木を選び出し た。それぞれ、のこぎりを手に真剣な表情で木を切った=写真。
 どんぐり塾は九年目で、今年の塾生は竹のおもちゃづくりなどもしてきた。市農林振興課の久保田幸治主査は「森を体感して大切さを考え、将来森に親しめる大人になってもらえれば」と期待している。(