ID : 5554
公開日 : 2007年 12月 2日
タイトル
アフリカの植林・生活改善寄付のお...
.
新聞名
EICネット
.
元URL.
http://www.eic.or.jp/event/?act=view&serial=13856&category=
.
元urltop:
.
写真:
 
.
タンザニア・ポレポレクラブは、東アフリカのタンザニア、キリマンジャロ 山麓で、村人による植林活動/活動の自立/生活改善を支援している市民 グループです。
これらの活動について以下の「指定寄付」を募っております。現地で地道な 努力を続けている村人たちを、ぜひ共に支援してください。ご協力を宜しく お願い致します(ご協力いただきました皆さまには当会の資料のほか、現地 の最新の状況をお伝えするニュースレターの抜粋記事をお送りしております)。
●村落植林活動支援
 世界遺産にも登録されているキリマンジャロ山ですが、その東南部山裾は
 森林伐採によってすでに砂の山の様相を呈しています。その結果、雨量の
 減少や土壌流出、作物の生産性低下を招いています。
 私たちが協力しているテマ村の村人たちは、こうした状況に危機感を抱き、
 自ら植林に立ち上がりました。彼らの植林への取り組みは既に15年を超え、
 彼らによってキリマンジャロ山に植えられた木は20万本を超えます。
 現地では補植まで含めて1,000円で67本の苗木を植えることが出来ます。
 ぜひ村人たちの植林活動を応援してください!
●診療所の支援
 村にたった一つしかない診療所。しかしその診療所には薬らしい薬が殆ど
 ありません。それでも村での診療所の重要性を知る医師や看護婦たちは、
 自分たちの給料の無払い、遅配に耐えながら、村人の診療を続けています。
 私たちはこうした状況を少しでも改善するために、現地で必要となる薬や
 傷んだ診療所の改修を支援しています。
 1,000円あれば現地では村人3人が十分な治療を受けるために必要な薬を
 揃えることが出来ます。ぜひご協力を宜しくお願いいたします。
●改良カマドの普及支援
 森林の減少は、植林だけでは恒久的な解決に繋がりません。植林する一方
 で木は切られ続けているからです。現地で森林減少の最大の要因は、薪炭
 材利用のための伐採です。私たちはその消費量を削減するために、従来の
 カマドに比べて薪の消費量を60%近く減らせる改良カマドの普及を支援
 しています。
 この改良カマドはママさんたちにも大好評!設置が追いつかないほどです。
 改良カマドの設置にかかる費用は1基1,500円。アフリカのママさんたちを
 ぜひ一緒に支援してください!

※以上の指定寄付には、1口いくらといった金額は設けておりません。いくら
 からでもお気軽にご協力ください。 ※現地での取り組みの模様は、ホームページ(http://polepoleclub.ld.infoseek.co.jp/)でもご覧いただけます。

●振込先口座等
 振込先 : 郵便振替 00150-7-77254
 加入者名: タンザニア・ポレポレクラブ

※このほか、当会では使用済カード/書き損じ葉書/使用済切手/不要書籍/ 不要商品券/書籍(週刊誌、語学本は不可)/CD(シングルCDは不可)等も 募集しております。
★また毎年キリマンジャロ山麓での「植林ワークキャンプ」も開催しております。 興味のある方は、お気軽に事務局まで資料をご請求下さい。
★国内でもメンバーによる現地協力活動や菜園活動など、様々な活動に取り組んで います。これらの活動にはどなたでも参加できますので、興味のある方、一緒に 活動してみたい方も、事務局までご遠慮なくご連絡ください。
○事務局: タンザニア・ポレポレクラブ
      〒154-0016 東京都世田谷区弦巻1-28-15サンライトハイツ301
      TEL/FAX: 03-3439-4847
      E-mail : pole2club@hotmail.com
活動はホームページ(http://polepoleclub.ld.infoseek.co.jp/)でもご覧頂けます。