ID : 5702
公開日 : 2007年 12月 6日
タイトル
森林税、中期計画案論議に 6日から12月県議会
.
新聞名
信濃毎日新
.
元URL.
http://www.shinmai.co.jp/news/20071206/KT071205ATI090017000022.htm
.
元urltop:
.
写真:
 
.
県会12月定例会は6日、開会する。県が来年4月導入を目指す新税「県森林づくり県民税」の条例案と、来年度から5カ年の県政運営の指針となる県中期総合計画案をめぐる論戦が中心となりそうだ。
 個人、法人県民税の均等割額に、個人は一律500円、法人は5%相当分を上乗せする森林税は、間伐など森林整備の財源確保が目的。県側は「先送りできない」として今県会に条例案を提出するが、県会内には「県民 の理解がまだ得られていない」との受け止めもある。増税分が適正に森林整備に充てられる仕組みづくりなども焦点となりそうだ。
 中期総合計画案では、県側が設定した達成目標(数値目標)の妥当性のほか、計画案に盛り込んだ各施策に対する予算配分などをめぐり議論が交わされる見込みだ。
 また、村井知事は初日の6日、県監査委員(4人)のうち7日に任期満了となる公認会計士の東方久男委員(58)=上田市=を再任する人事案を提出する。
 会期は21日までの16日間。一般質問は11日から14日までの4日間行われる。