ID : 5809
公開日 : 2007年 12月19日
タイトル
仮設住宅を一般向け販売へ ウッドピア松阪協同組合
.
新聞名
中日新聞
.
元URL.
http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20071219/CK2007121902073194.html
.
元urltop:
.
写真:
 
.
「ウッドピア松阪協同組合」(松阪市木の郷町)は、災害時用の木造仮設住宅を一般向けに本格販売する。地場産材を使った建築に親しんでもらうのが狙いで、22日には同所のウッドピア総合管理棟前で、住 宅の紹介を兼ねた展示即売会を開く。(我那覇圭)
 組合は2001年度から、6畳の洋室1間とウッドデッキを備えた3坪タイプの住宅を発売。市の補助を得て、07年度までにトイレ付きの浴室や台所、和室などを備えた6坪と9坪の計3タイプも開発し、災害に備えてきた 。
 今回、販路を広げるのは、市内に約4万2900ヘクタールに及ぶ森林面積を有しながら、なかなか進まない地場産材の活用を促し、適正な森林整備につなげる目的もある。
 田中穣事務局長は「住宅は、比較的簡単に建てることができる。自宅の隣に設けて子どもの勉強部屋にしたり、書斎やアトリエなどにして使ったりすることもできる」とアピール。利用拡大に期待を寄せている。
 いずれのタイプも基礎工事費などを除き、価格は150万-350万円で、建築に要する期間は7-10日間。展示即売会では、内装などに関する相談会や組み立て体験会もある。間伐材を使った木工品の販売コーナー も設ける。当日は午前10時から午後3時まで。問い合わせは同組合=電0598(20)2300=へ。