ID : 5841
公開日 : 2007年 12月22日
タイトル
西安の森林再生で取り組み 北桑田高、現地の学生ら と交流も
.
新聞名
京都新聞
.
元URL.
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2007122200058&genre=F1&area=K1H
.
元urltop:
.
写真:
 
.
北桑田高(京都市右京区)が、京都府と友好提携を結ぶ中国・陝西省の西安市で現地の学生らと森林再生に向けた取り組みを進めている。日中の若者が環境問題への共通理解を深めるのが狙い。生徒たちは 2004年から継続的に西安市を訪れ、植林活動やログハウス建築を通して中国の学生らと交流を深めている。
 同高は1993年度から府立高校の専門学科で唯一、林業課程のある森林リサーチ科を設置。府が03年、陝西省との友好提携20年の記念事業として深刻な砂漠化が進む西安市で植林事業を始めたのを受け、同高もボ ランティアとして参加することにした。
 実際の植林活動は同年が新型肺炎(重症急性呼吸器症候群=SARS)の影響で中止となったため、04年から。同科の生徒を中心に10-20人が年1回、西安市で続けている。
 交流活動として、06年は西安陝西師範大学のキャンパス内に、生徒たちが実習で加工した地元の北山杉を輸出し、日本語学科の学生らとともに2日がかりでログハウスの休憩所を組み上げた。
 07年には生徒21人が11月に西安市を訪問し、郊外の観音寺周辺の30アールに中国産でヒノキ科のコノテガシワなど320本を植えた。森林再生に向けた植林や枝打ちなどの研修もできる調査研究林「友好の森」を 作った。08年も西安市で小中学生らにいすや机を製作する木工教室を行う予定。
 3年連続で参加した寺坂美希さん(18)と本郷早紀さん(17)=いずれも3年=は「環境中心の交流で中国の学生たちが砂漠化を改善したい思いを感じた」。佐藤幸雄校長は「森林再生は10-20年の期間が必要。中国の 子どもたちに日本の木の文化をアピールし環境への意識を広げたい」と話している。