ID : 5866
公開日 : 2007年 12月25日
タイトル
国道1号に木製ガードレール設置
.
新聞名
神奈川新聞
.
元URL.
http://www.kanaloco.jp/localnews/entry/entryxiidec0712415/
.
元urltop:
.
写真:
 
.
温かみのある県産間伐材を施した木製ガードレールが箱根町元箱根の国道1号に今月上旬からお目見えしている。本年度は同所~同町芦之湯間の約一・五キロに設置していく予定で、県小田原土木事務所 は「来年の箱根駅伝に向けて一・二キロは何とか年内に取り付けたい」とし、設置工事を急ピッチで進めている。
 間伐材は、県森林組合連合会から購入した丹沢から箱根にかけての山から切り出されたヒノキやスギ。これを有効活用することで森林保全や水源環境の確保につながるほか、既存のガードレールに取り付けるため、工 事で撤去する廃材が出ないなど環境面に配慮している。
 同事務所は、二〇〇五年度から、木材加工業者の意見を聞きながらこしらえた試作品四種類を提示して、観光客や住民など計千七百人にアンケートを行い、好みの型を尋ねた。その結果、残材が出にくく耐久性がある などの理由で、一本の丸太を三等分に切って丸太と平板を併用するタイプが採用された。
 来年度以降は箱根全山の国道1号沿いに順次設置していき、将来的には県道などにも拡大していくという。