ID : 514
公開日 : 2006年 3月10日
タイトル
インドネシアで植林活動 お仏壇のやまき
.
新聞名
静岡新聞
.
元URL.
http://www.shizushin.com/local_politics/20060311000000000023.htm
.
元urltop:
.
写真:
 
.
お仏壇のやまき(焼津市、浅野秀浩社長)はこのほど、CSR(企業の社会的責任)活動と環境保護の一環としてインドネシアで植林活動を開始した。今後5年間で現地の山林約100ヘクタールに10万本を植樹 する予定。
 同社が仏壇の原料として輸入する芯材の大半がインドネシア産。地球温暖化対策として伐採した分の木材を植樹して育てる。
 中部ジャワ州カランガニアル県で行われた初回の植林活動には、ソナイリアル県知事や地元小学生ら約500人が参加。山林約3ヘクタールに自生種の松やアンサナなどの苗木5000本を植栽した。浅野社長は「将来 は住民主導型の植林活動となるように工夫し、実際に伐採した分以上の樹木を育てていきたい」と意気込んでいる。