ID : 538
公開日 : 2006年 3月14日
タイトル
地球に優しい桜だよ 高岡北RC 園児らと一緒に植樹 おとぎの森公園
.
新聞名
中日新聞
.
元URL.
http://www.chunichi.co.jp/00/tym/20060314/lcl_____tym_____002.shtml
.
元urltop:
.
写真:
 
.
高岡北ロータリークラブ(紺谷司郎会長)は十三日、自然環境を保全する取り組みの一環として、高岡市佐野の高岡おとぎの森公園に桜の木を植樹した。こばと幼稚園(同市蓮花寺)の五歳園児四十七人と保 護者らが手伝った。
 樹木一本が吸収する二酸化炭素の量は人間一人分に相当するという。同ロータリーでは本年度、「地球に優しい奉仕の実践」を掲げ、子どもたちに豊かな自然を伝えようと植樹を提案。国際ロータリー財団の補助金二 十万円を基に準備を進めてきた。
 植樹した桜の木は、高岡市の花木にも指定されているコシノヒガンザクラ。この日は、高さ約四メートルの中木五本と、高さ一・二メートルの苗木二十五本を、同公園森のお祭り広場周辺の斜面に植えた。
 雪が舞う中、会員約五十人と園児たちは寒さを吹き飛ばすように、元気よく苗木の根に次々と土を盛り、桜を植え込んでいった。紺谷同ロータリー会長は「何百年も生育する品種です。立派な花を咲かせるよう、園児た ちに見守ってほしい。これからも継続して植樹に取り組んでいきたい」と話している。