ID : 1039
公開日 : 2006年 5月22日
タイトル
平和紙業、国産材70%配合の印刷用紙「間伐ホワイト」を発売
.
新聞名
日経プレスリリース
.
元URL.
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=131335&lindID=4
.
元urltop:
.
写真:
 
.
この度、平和紙業株式会社 (代表取締役社長・小島勝正) は、2006年5月15日より、自社ブランド「間伐ホワイト」を発売しました。
●わが国の国際的環境貢献の約束「京都議定書」への印刷用紙での積極的支援展開
 2005年2月16日「温室効果ガスの排出量削減を先進国に義務付けた国際協定」である京都議定書が発効されました。これに伴い、先進国は08~12年の5年間平均で温暖化ガスの排出量を90年比5%以上の削減 義務を負うこととなり、日本の削減目標は6%と世界に約束しています。
 6%の内、1.6%は京都メカニズムで、0.5%は工業、束しています。
 6%の内、1.6%は京都メカニズムで、0.5%は工業、運輸、民生レベルで削減、残りの3.9%は森林の吸収量で達成する計画となっています。
 3.9%は換算すると1300万炭素トンとなり、これを森林の吸収で固定化しようとする国家的施策です。 そのためには、 元気な森林を増やし、再生して、植える→育てる→収穫する→上手に使うというシステムがバランスよく循環していくことが重要なポイントとなります。
 平和紙業はこれまで、再生紙・非木材紙・間伐紙・森林認証紙 といったエコ印刷用紙群の流れを市場に提供してきました。「間伐ホワイト」はその流れをさらに進めた新しいエコ素材の仲間となるものです。
 「間伐ホワイト」は、健全で持続可能な森林経営を促進するために、国産材の圧倒的な有効活用によって、新たな白い印刷用紙分野に展開され、市場が待ち望んでいた第三世代のエコロジーペーパーです。
 それはグローバルで永続的な森林の保護育成、地球規模の環境保全にも寄与する位置付けとなります。
■ 「間伐ホワイト」 の特色と活用のメリット (1) 他に類を見ない圧倒的な国産材70%(間伐材10%含)を配合した印刷用紙です。 (2) 白い紙面であらゆる印刷用途に活用可能です。 (3) 国内森林の健全な経営の育成に積極的に貢献します。 (4) 温室効果ガスの排出量削減に具体的に貢献します。 (5) 京都議定書の国家的約束に貢献します。 (6) [3.9グリーンスタイルマーク]※を付記できます。 (7) 間伐材マークを付記できます。 (8) 新たな視点のエコロジーペーパーとしてアピールできます。
間伐ホワイト規格
 抄造:    日本大昭和板紙株式会社
 価格:    320円/kg(包み・東京地区印刷会社渡し)
 常備在庫: 四六判 T目  <70>   <90>   <110>  <135>
         菊判 Y目   <48>5  <62>5  <76>5  <93>5