ID : 1092
公開日 : 2006年 5月29日
タイトル
一本まるごと収穫OK リンゴオーナー あすから募る とぎ実験農場
.
新聞名
中日新聞
.
元URL.
http://www.chunichi.co.jp/00/ikw/20060531/lcl_____ikw_____004.shtml
.
元urltop:
.
写真:
 
.
志賀町とぎ実験農場は場内のリンゴの木の権利を買い取って収穫を体験してもらう「とぎ林檎(りんご)オーナーズ倶楽部」の会員募集を六月一日から始める。農場のオーナー制度としては「とぎ男爵(だんし ゃく)」に続く第二弾。
 ふじ四十本はじめ、つがる、千秋、陽光、王林の五品種の計八十本分を募集。契約金はふじが一万二千円。残る四品種が一万円。収穫時期は品種によって異なり、つがるの九月中旬を皮切りに千秋、陽光、王林、ふじ の順に収穫時期を迎える。人気が高いふじは十一月中旬ごろ。収穫時期に来場できることが条件となる。
 オーナー木に実ったリンゴはすべて収穫でき、木一本につき九十個が補償される。収穫までの管理は農場が行い、現在は摘果作業が行われている。応募は第二希望まで品種を書き、住所、名前、年齢、職業、電話番号 を添え、はがきかファクスで。あて先は〒925 0565 志賀町香能ろ六四、志賀町とぎ実験農場=ファクス0767(42)2613=。
 応募者多数の時は抽選。受け付けは六月三十日まで。問い合わせは、とぎ実験農場=電話0767(42)2617=へ。 (小塚泉)