ID : 1246
公開日 : 2006年 6月25日
タイトル
15年の国産材供給量35%増/新林業計画素案
.
新聞名
秋田魁新報
.
元URL.
http://www.sakigake.jp/servlet/SKNEWS.NewsPack.npnews?newsid=2006062601003080&genre=economics
.
元urltop:
.
写真:
 
.
林野庁の林政審議会は26日、現行計画に代わる新たな森林・林業基本計画の素案をまとめた。低迷する国産材消費の拡大を目指し、2015年の木材供給量を04年実績より35%増やした2300万立方メー トルとする数値目標を決めた。
 森林組合を中心に林業生産の経営規模拡大を進めることで達成したい考えだ。新計画は9月に閣議決定の予定。
 現行計画は01年に策定。1999年実績の2000万立方メートルを基にして10年の木材供給量の目標値を2500万立方メートルとしていたが、国産材の価格低迷などの影響で、04年実績が1700万立方メートルにとど まった。今年は5年ごとの見直しの年に当たり、新計画案で目標を大幅に下方修正した。