ID : 1333
公開日 : 2006年 7月15日
タイトル
オブジェ制作始まる 上勝アートプロジェクト、町内の間伐材活用
.
新聞名
徳島新聞
.
元URL.
http://www.topics.or.jp/News/news2006071407.html
.
元urltop:
.
写真:
 
.
来秋に徳島県内で開かれる「第二十二回国民文化祭・とくしま2007」に向け、上勝町が取り組む「上勝アートプロジェクト-里山の彩生-」の作品づくりが十三日、同町福原の日比ケ谷ゴミステーション裏の斜 面で始まった。完成するのは十月上旬。
 プロジェクト企画委員と同町内の建設業者ら五人が、斜面に約二メートルの穴を掘り、作品の親柱として使用する長さ三・五-七・五メートル、直径約二十センチの丸太七本を設置。地元住民も訪れて「上勝の自然に調 和する作品になりそう」「親柱しかないけど、迫力がある」など完成を心待ちにしていた。
 作品は、町内の間伐材を活用した木製オブジェにする計画で、企画委員の上月佳代さん(35)=徳島市城南町二、県立テクノスクール非常勤講師=が発案。横約十メートル、縦約八メートル、高さ二-六メートルの楕円( だえん)形の作品で「循環」や「リサイクル」を表現するという。
 作品づくりは十六日午前九時からも行われ、企画委員や町内外の有志が集まって、制作に取り組む。参加申し込みは町産業課〈電0885(46)0111〉。