ID : 4035
公開日 : 2007年 6月 7日
タイトル
中国の森林被覆率、1950年の8.6%から18.2%に上昇
.
新聞名
朝日新聞
.
元URL.
http://www.asahi.com/international/jinmin/TKY200706070304.html
.
元urltop:
.
写真:
 
.
世界環境保護フォーラムが5日、北京の人民大会堂で開かれた。開幕式では曽培炎・中国共産党中央政治局委員(副総理)が「生態系は人類の生存と発展の土台だ。中国は国際社会と共に努力し、環境の保 護と整備をしっかりと行い、地球環境の安全を守り、人類共有のふるさとを守り、人類の持続可能な発展を実現するために貢献していきたい」と述べた。
 同フォーラムは中国国家林業局と世界自然保護基金(WWF)が主催。国務院の関係部門の担当者、国連のアナン前事務総長、WWFの関係者、および13の国際団体・機関の代表など600人あまりが参加した。
 中国の森林被覆率は現在、1950年の8.6%から18.2%に上昇。人工林の定着面積も5333万ヘクタールで世界第1位だ。自然の湿地は効果的に保護され、野生動植物への保護も強化されている。中国は過去20年 間に、植林などを通じて二酸化炭素50億トンを吸収し、温室効果ガスの排出削減を促進してきた。