ID : 1400
公開日 : 2006年 7月29日
タイトル
森林の重要性 熱く 倉本聰さんが鳥取で講演
.
新聞名
日本海新聞
.
元URL.
http://www.nnn.co.jp/news/060731/20060731005.html
.
元urltop:
.
写真:
 
.
「森林を守ろう!情熱講演会」(森林を守ろう!山陰ネットワーク会議主催、新日本海新聞社など特別協力)が三十日、JR鳥取駅前のホテルニューオータニ鳥取で開かれた。シナリオ作家で、北海道内で森林保全に取り組む倉本聰さんが約七百人の市民を前に森林の重要性を訴えた。 倉本さんは「北海道で考える」を演題に講演。保水力や二酸化炭素吸収など森林がもたらす効果や、農薬による土壌汚染など森林保全を阻む環境汚染などを経験を交えて説明した。
 地球温暖化について、倉本さんは「移住した約四十年前はブナを植えても氷点下三五度を下回る寒さで越冬できず育たなかったが、現在では気温が上昇して越冬できるようになってしまった」などと自身が住む北海道富良野市での体験を挙げて警告。長期的視点で次世代に継承できる森作りの必要性を訴えた。
 鳥取市西品治の主婦、杉尾明子さん(49)は「自分で出来ることから森林保全に取り組んでいきたい」などと話していた。