ID : 1480
公開日 : 2006年 8月12日
タイトル
トーテムポールを寄贈 長岡京西山公園「子どもの森」
.
新聞名
京都新聞
.
元URL.
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2006081500062&genre=K1&area=K30
.
元urltop:
.
写真:
 
.
 今年7月に西山公園内(長岡京市長法寺山ノ下)に新しくできた「子どもの森」を楽しく彩ろうと、森林ボランティアグループ「みどりの会西山」がこのほど、トーテムポール3本を市に寄贈した。いずれも市民の作品で、個性豊かに来場者を迎えている。  みどりの会西山は今年2月、西山で間伐した長さ約4・5メートルのヒノキ丸太3本を運び出し、大学2年弘田新菜さん(20)=同市城の里=と高校2年朋実さん(17)の姉妹に計2本、画家木村久彌さん(68)=同=に1本を委ねた。
 受け取った3人は、それぞれ仕事や学校の合間をぬってトーテムポールづくりに挑戦。
 のっぽな人をかたどった木村さんの作品は、来場者を歓迎するようにポーズをとった両手がユニークで、木村さんは「子どもが喜ぶものを作りたかった」と話す。
 大学で映像を学ぶ弘田新菜さんは、彫刻を学ぶ友人の助けも借りながら水辺をイメージして黒や緑など色彩豊かな作品をつくり、朋実さんは風の精やオリジナルキャラクターをパステルカラーで描いて優しい雰囲気に仕上げた。2人は「すべてのプロセスが楽しかった」と満足そう。
 2本はすでに森の入り口と中ほどに立てられており、3本目も近く設置される。