ID : 1557
公開日 : 2006年 8月27日
タイトル
森林経済工学研究所
.
新聞名
神戸新聞
.
元URL.
http://www.kobe-np.co.jp/rensai/migake/110.html
.
元urltop:
.
写真:
 
.
株式会社らしからぬ社名は、大学発のベンチャーゆえ。そこには、国産木材を競争力のある商品にすることで林業を復活させたい―との思いが込められている。
 「トラス」と呼ばれる骨組みを間伐材で作り、主力商品に育てた。建材には向かないとされていた間伐材だが、十分な強度が出せることを突き止めたのだ。「重ね梁(ばり)」を間伐材で作る技術も開発。大型建造物にも使える。
 兵庫県内で生涯学習センター(宍粟市)の大型ドームや西はりま養護学校(たつの市)の体育館など、いくつかの公的施設に工法が採用された。地元産木材をふんだんに使い、木ならではの温かみが好評だ。
 出発点は、取締役の一人、今井克彦・大阪大学大学院教授(62)の危機感だった。
 建築を専門とする今井は、神戸発祥の川崎製鉄(現JFEホールディングス)の子会社、川鉄建材(現JFE建材)で鋼材を活用した建材の開発に携わった後、母校の研究者に転じた。木材にも研究対象を広げるうちに「このままでは日本の山が駄目になる」との思いを強くした。
 国は戦後の復興期に、住宅の需要増に対応するため、スギやヒノキの植林を推し進めた。しかし、一九六〇年代からの木材の輸入自由化で国内の林業が衰退。間伐されずに荒れる山が増えた。
 そのため保水力が弱まり、台風などの際に土砂崩れが起きるようになった。しかも、戦後に植えられたスギやヒノキは伐採期を迎えている。今のうちに手を打たなければ、山はさらに荒れる。
 そこで今井は間伐材の商品化を研究。二〇〇二年、成果を基に、製品の販売とともに、建設会社などに技術を提供する企業として始動した。
 「木材の良さを見直そうという流れもあり、問い合わせが増えてきた」。今井の大学時代からの友人で社長の木村太一(63)は手応えを感じている。本拠は、加東市の金属加工会社の一角に置いた。そこから生まれた木製トラスは経済専門紙から賞を受けるなど評価も高まっている。
 最近もう一つ、事業の柱ができた。筋交いを使わない耐震補強工法だ。鉄筋コンクリート建造物の壁面にH(エイチ)型鋼の枠を取り付ける方法で、特許も取得。窓を筋交いが横切ることがないので、オフィスビルや学校からの引き合いが多いという。
 国産木材の活用と、耐震化による建物再生。技術を駆使して、山と街に新たな息吹を起こす取り組みが続く。