ID : 14608
公開日 : 2010年 1月 3日
タイトル
未来へつなぐ:自然産業の継承者たち/2 1本の木の重み伝えた
.
新聞名
毎日新聞
.
元URL.
http://mainichi.jp/area/mie/news/20100104ddlk24020192000c.html
.
元urltop:
.
写真:
 
.
利益優先にはできない仕事 いなべ市北勢町二之瀬の山の中。「伐採だけが林業ではない。切った場所に植林して、環境のことを考えることが仕事なんだ」。山道を歩きながら、佐藤誠さん(31)=同市北勢町阿下喜=は語った。
 間伐が行われている場所に到着した。「ブーン」というエンジン音がそこら中から響いている。でも人は見えない。「下を見てごらん」と佐藤さんが指さした。その先には、がけのような急斜面。木の間から電動ノコギリを持った男性が顔を出した。佐藤さんは「ここはまだ安全な方だよ」と笑う。
 佐藤さんは、父誠治さん(62)が営む「佐藤林業」で働いている。仕事は、国有林の間伐事業が中心だ。高校を卒業して以来、この道一筋。多くの現場を経験し、いまは14人の働き手を監督する。大きな体に髪を短く刈り上げた姿には「ベテラン」の文字が似合う。
 何代も林業をしてきた家の長男として生まれた。小学生のころ、何度も父に手を引かれて山へ入り、「おまえも大きくなったらこうするんだよ」と言われて育った。高校生の時、「スーツを着て街を歩いてみたい」と都会にあこがれたこともあった。だが、親を悲しませてまでやりたいことがあるわけでもない。「敷かれたレールの上を走ってみるか」。そんな気持ちで、林業に足を踏み入れた。
 仕事を始めて3年目。現場で事故が立て続けに起きた。不安になった。真剣に別の道を模索した。しかし、ほかの職業と比べれば比べるほど林業の可能性に気付かされた。1本の木を切るか残すかで、山の環境は変わる。責任は重いが、自分の判断で森を守れる。「林業を突き詰めると、環境問題について考えざるを得なくなる」。利益最優先ではできないこの仕事が好きだと気付いた。以来、二度と林業から離れようと思わなくなった。
 ある日、知人の庭の木の枝を切っていると、通りかかった小学生たちが「自然を破壊するな」と叫んだ。からかっただけだろうが、佐藤さんは「木を切ることは環境破壊」という固定観念が子どもたちに植え付けられていることにショックを受けた。
 「林業について正しい知識を持つことは、環境問題を理解することにつながるはずだ。地元の仕事を積極的にして、子どもたちに林業を見せてあげたい」。かつて自分が無意識のうちに学んだ「1本の木の重み」を若い世代にきちんと伝えていくのが、佐藤さんの使命だ。