ID : 14624
公開日 : 2010年 1月13日
タイトル
電子交付でエコキャンペーン」で、平成21年度木づかい運動感謝状受章
.
新聞名
朝日新聞
.
元URL.
http://www.asahi.com/business/pressrelease/N2U201001120019.html
.
元urltop:
.
写真:
 
.
日興コーディアル証券株式会社(以下 日興コーディアル証券)は、過去2回行ってまいりました「電子交付でエコキャンペーン」について、「平成21年度木づかい運動感謝状(財団法人日本木材総合情報センター理事長感謝状)」を受章いたしました。これは、林野庁が推進する「木づかい運動」において、国産材利用の意義や良さについて積極的に紹介等を行った事業者、木づかい運動の意義等のPRを積極的に行った普及啓発者に授与されるものです。これからも、こうしたキャンペーンを通じて環境保護に貢献してまいります。

<<木づかい運動とは>>日本は面積の約7割が森林という、世界でも有数の「森林大国」です。日本の森林の中でも、人が木を植えて育てたスギやヒノキの「人工林」では、手入れが行き届かず荒れてしまう森が増えています。荒れてしまった森林の木々は、充分にCO2を吸収することができません。手入れを進めるためには国産材を積極的に生活に取り入れ、そのお金を森に戻すことで「植える、育てる、収穫する、上手に使う」という森のサイクルを作ることが大切です。そうすることで、CO2をたっぷり吸収する元気な森に生まれ変わるのです。「木づかい」は毎日の生活に国産材の製品を取り入れることで、誰でも手軽に始められるエコ活動です。木づかい運動製品には、3.9マーク(サンキューグリーンスタイルマーク)と呼ばれるマークが付いています。このマークが付いた国産材製品を購入することで、誰でも手軽に「木づかい運動」に参加することができます。
<<電子交付でエコキャンペーン>>弊社では、2008年10月~2009年3月、2009年6月~8月の2回にわたって、取引報告書や目論見書などの書類を、インターネットを通してご覧いただく「電子交付サービス」にお申込みいただいたお客様に抽選で、木づかい製品をプレゼントする「電子交付でエコキャンペーン」を実施してまいりました。弊社がお客様にお届けしている取引残高報告書は、1件およそ50g、目論見書は1冊およそ200gです。仮に、1万人のお客様が年4回の取引残高報告書と、2~3冊の目論見書を電子交付サービスでご覧になったとすると1年間でおよそ8t、立ち木約160本分の紙を節約できることになります。そこで、「木づかい製品」を購入し、それを電子交付サービスに申込みをされたお客様にプレゼントすることで、お客様の行動を森林保護に還元できるのではないかと考えてスタートしたのが、「電子交付でエコキャンペーン」です。そして、過去2回のキャンペーンで削減できた紙の量は年間で立ち木約1,440本分、これによって期待できるCO2の削減量は年間約20tとなっています。
また、電子交付サービスの利用が進むと、紙だけではなく、印刷・郵送時に発生するCO2の削減などにも役立つという面もあります。
これからも、引き続き「電子交付でエコキャンペーン」を継続的に実施することで、少しでも多くのお客様に「電子交付サービス」をご利用いただき、森林保護やCO2削減につなげていければと考えています。
<<電子交付でエコキャンペーン2009冬>>現在、2010年2月26日(金)まで、「電子交付でエコキャンペーン2009冬」を実施しております。http://www.nikko.co.jp/service/toriatsukai/campaign/e_kofu2009_091201.html?cid=npr_csr_n2u_00001■キャンペーン時期 2009年12月1日(火)~2010年2月26日(金)19時■キャンペーン対象者 次の2つの条件を満たされるお客様 1)期間中、新規に電子交付サービスの「対象書面全て」をお申込み 2)申込日の属する月の翌月15日までにパソコンもしくは携帯電話で日興イージートレードにログイン電子交付サービスの詳細はこちらからhttp://www.nikko.co.jp/eztrade/service/denshikoufu/index.html?cid=npr_csr_n2u_00001■プレゼント ・毎月抽選で15名様に 国産間伐材使用3.9マーク入り「ヒノキのジャムべら付きジャムバー」 または ・毎月抽選で300名様に 国産間伐材使用3.9マーク入り「あすなろヒノキのMy箸」