ID : 14626
公開日 : 2010年 1月 7日
タイトル
ペレット化不要木質暖房 燃料費5分の1/愛媛
.
新聞名
日本農業新聞
.
元URL.
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/modules/bulletin5/article.php?storyid=1099
.
元urltop:
.
写真:
 
.
愛媛県東温市の先端材料研究所は、木材をペレット化せずに、そのまま燃料として利用できるバイオマス(生物由来資源)温風暖房機を開発した。重油式と比べ、燃料費を5分の1程度に抑えられる見込みだ。重油価格が高止まりする中で、施設園芸への利用が期待される。
 従来のバイオマス温風暖房機は、火力の調整や維持のために、木材を供給しやすいペレットやチップ状にする必要があり、その分コストがかかった。新たに開発した「HA―10」は、乾燥してさえいれば、剪定(せんてい)枝や間伐材、竹などをそのまま利用できる。