ID : 14771
公開日 : 2010年 1月22日
タイトル
間伐材使い格言描く
.
新聞名
東海日日新聞
.
元URL.
http://www.tonichi.net/news.php?mode=view&id=30810&categoryid=1
.
元urltop:
.
写真:
  写真が掲載されていました
.
書画家の松尾竹彦さん(71)=新城市東沖野=の作品展「第5回竹日子我流展」が、同市宮ノ西のコーヒーショップアマンで開かれている。2月2日まで。
 松尾さんは約10年前から独学で書画を始め、市内で作品展を開いている。
 今回は、山に放置されている間伐材を有効利用しようと、岡崎森林組合から手に入れた製材に格言などを書き、店内の壁面に約70点が飾られている。文言は松尾さんが人から聞いたり考案したりしたもので、「ぐちをこぼせば幸せこぼれる」「人生辛抱辛抱」など。
 同店で実施中のチャリティーに協力した人にプレゼントする。好きな文字や言葉のリクエストにも応じる。松尾さんは「新城でも間伐材の処理に困っているので、新しい土産物になれば」と話す。
 収益金は同市の障害者福祉施設「レインボーはうす」に寄付する。
 水曜定休。問い合わせは同店=電話0536(23)1935=へ。