ID : 14784
公開日 : 2010年 1月26日
タイトル
森林総合研究所 間伐で人工林の生物多様性が短期的に高まると発表
.
新聞名
サーチナニュース
.
元URL.
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0126&f=business_0126_149.shtml
.
元urltop:
.
写真:
 
.
 森林総合研究所は、人工林において、間伐が生物多様性を短期的に高める効果があると発表した。同研究所では、スギ人工林で間伐の有無が下層に生える植物や昆虫に及ぼす影響を調査するため、間伐した林(間伐後1年後・3年後)と間伐しなかった林を比較。その結果、植物では、間伐を行っても種の数や被度(地表を被覆している面積)は変わらなかったが、種の構成には変化があった。昆虫では、間伐1年後はすべての昆虫グループにおいて種類・個体数ともに多くなり、3年後は間伐しなかった林との差異がなくなる傾向がみられた。同研究所は、これらの結果により、地域内における計画的な間伐が生物多様性の保存に貢献するとまとめている。
  本調査は、森林総合研究所交付金プロジェクト「要間伐林分の効率的施業法の開発(H17~19)」、地球環境研究総合推進費「里山イニシアティブに資する森林生態系サービス(H20~22)」として、実施された