ID : 14885
公開日 : 2010年 2月 4日
タイトル
コープさっぽろ、札幌に木造店舗開設 環境対策で方針
.
新聞名
日本経済新聞
.
元URL.
http://www.nikkei.co.jp/news/retto/20100202c3c0200z02.html
.
元urltop:
.
写真:
 
.
コープさっぽろ(札幌市、大見英明理事長)は2日、2010年度の環境対策の概要を明らかにした。札幌市内で木造店舗を開設するほか、自家発電を検討するプロジェクトも立ち上げる。地球温暖化防止など環境意識が高まるなか、道内での先進的な事業に取り組むことで地域貢献につなげたい考え。
 木造店舗では外壁や梁(はり)の一部に木材を使用するほか、外光を採り入れるなどして熱効率を高める。鉄骨を使う従来店舗に比べ30%以上の二酸化炭素(CO2)削減を目指す。物流網の効率化によってもCO2排出量の削減を進め、従来比20%減を見込む。
 店舗などから出る約4000トンの食品残さを養豚飼料に活用する事業も立ち上げる。
 コープさっぽろは宅配用トラックの燃料に再生した廃食油を活用するなど毎年、約6000トンのCO2を削減してきた。10年度も同水準の削減効果を目指す考え。