ID : 14902
公開日 : 2010年 2月 5日
タイトル
エコプラザだより:「二酸化炭素固定認証制度」設計委 /東京
.
新聞名
毎日新聞
.
元URL.
http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20100204ddlk13040288000c.html
.
元urltop:
.
写真:
 
.
◇枠組み確認と課題論議 港区が準備を進める独自の制度「みなとモデル二酸化炭素固定認証制度」の設計委員会が1月27日、港区立エコプラザ(浜松町1)で開かれた。
 区内に新築される建物に使われた国産材について、木に含まれる二酸化炭素(CO2)の量を認証するこの制度。温室効果ガスであるCO2の削減に貢献するという付加価値を建設主に与え、国産材の消費を促し、国内の森林の整備を進めることを目指している。
 2回目となるこの日の会合では、制度全体の枠組みの確認と制度構築についての具体的な課題が議論された。「制度をいかにして持続可能な森林経営につなげていくか」、「国内産と外国産の木材を区別して、扱うことに問題はないか」などの意見が出された。
 委員会は年度内にさらに1回開かれ、制度の全体像が事務局から発表される予定。国産材の活用で低炭素社会の実現を目指す「みなとモデル」の柱がいよいよ示される。