ID : 1669
公開日 : 2006年 9月20日
タイトル
割り箸「5円の木づかい」運動、ミニストップが全国展開
.
新聞名
エコロジーシンフォニー
.
元URL.
http://www.ecology.or.jp/w-topics/wtp32-0609.html
.
元urltop:
.
写真:
 
.
コンビニエンスストアのミニストップは、6月から直営店5店舗で実施している「5円の木づかい」と名付けた国産材を原料とした1ぜん用割り箸の実験販売を、19日から加盟店に推奨することで順次、全店に拡大する。
 コンビニの弁当などにサービスで付いてくる割り箸を通じて森林保全に対する関心を高めてもらうのが狙い。「5円の木づかい」運動に賛同して5円で割り箸を購入するかどうかは顧客が選択でき、従来通り無料の割り箸も用意している。
 この運動は、ミニストップが林野庁が進めている国民運動「木づかい運動」に賛同して実施している。「木づかい運動」は、国産の木材の使用量を増やすことで、荒廃している森林の整備が進むとしている。輸入材に押されて国産材の使用量が減少して森林が荒廃している現状を改善するため、林野庁が推進している。国産材を使用することで森林整備が進み、地球温暖化の原因である二酸化炭素を吸収する森林の保全につながる。
 なお「5円の木づかい」に使用する割り箸には、建築材として使用された木材の廃材を利用している。原価は4円73銭かかるため、5円で頒布しても利益はでないが、割り箸を通じて「森を育てることへの関心を高めたい」(ミニストップ)という。