ID : 14995
公開日 : 2010年 2月15日
タイトル
グリーンプロジェクト:林野庁、ヤフーと連携 森林保全テーマに
.
新聞名
毎日新聞
.
元URL.
http://mainichi.jp/select/science/news/20100215ddm016040010000c.html
.
元urltop:
.
写真:
 
.
大手検索サイト「ヤフー・ジャパン」は15日夕から、環境への関心を高めてもらおうと「Yahoo!JAPANグリーンプロジェクト」(http://event.yahoo.co.jp/green/forest)=写真=を立ち上げる。最初のテーマは森林保全で、森の恵みや効果などが紹介されている。
 また、多くの人の関心を集められるよう「森の動物診断」というコーナーを設けた。「エコバッグを使いますか」など5項目に答えると、性格や考え方がどの動物に近いのかが診断される。例えばブランド意識の高い人は「トキ」、ナチュラリストは「カエル」などと10分類される。これを実施すると、同社が二酸化炭素(CO2)を減らす活動に必要な費用を負担し、1人当たりCO20.1キロ(パソコン16時間使用に相当)を相殺(オフセット)できる。
 さらに、間伐や募金をしたり、国産材グッズ利用などを進める林野庁支援プロジェクト「フォレスト・サポーターズ」に登録すると、0.2キロが上乗せされる。
 今年は「国際生物多様性年」。林野庁は温暖化対策と森林保全への市民参加を狙い、ヤフー・ジャパンと連携することにした。オフセットには「J-VER」と呼ばれる国の制度が活用され、間伐やバイオマス利用などで達成される。