ID : 15001
公開日 : 2010年 2月15日
タイトル
松本で信州木質バイオマス展
.
新聞名
信濃毎日新聞
.
元URL.
http://www.shinshu-liveon.jp/www/topics/node_144212
.
元urltop:
.
写真:
  写真が掲載されていました
.
木質ペレット燃料などを紹介する「信州木質バイオマス展」が13日、松本市のJR松本駅前であった。立ち寄った家族連れなどがカラマツやアカマツのおが粉を機械で固めてペレット燃料を作ったり、ペレットストーブの暖かさを体感したりした。
 森林整備と二酸化炭素(CO2)排出量削減につながる燃料を身近に感じてもらおうと県が企画した。
 市内の森林整備ボランティアグループが、生地を付けた竹筒を間伐材で作った炭の火にかざして回し、バウムクーヘンを焼くコーナーを開設。体験した安曇野市豊科の会社員鈴木孝幸さん(26)は「普段は炭を使う機会がない。日常生活の中で木材をどう利用するかを考えるきっかけになった」と話していた。
 ペレット燃料作りを実演した伊那市のNPO法人「森のライフスタイル研究所」の竹垣英信さん(38)は「山が生活の身近なエネルギーになることを感じ、取り組みや山の大切さを知ってほしい」と話していた。
 ペレット作りは14日、上伊那郡箕輪町のジャスコ箕輪店前でも実演する。