ID : 15038
公開日 : 2010年 2月17日
タイトル
森林保全:サントリーと南山城の周辺自治体、協定結ぶ-
.
新聞名
毎日新聞
.
元URL.
http://mainichi.jp/area/kyoto/news/20100216ddlk26040573000c.html
.
元urltop:
.
写真:
 
.
南山城地域の森林を守ろうと、サントリーホールディングス(大阪市北区)と森林の育成活動に取り組む社団法人「京都モデルフォレスト協会」(理事長、柏原康夫・京都銀行頭取)や周辺自治体(木津川市▽井手町▽笠置町▽和束町▽南山城村)、府の計8団体が15日、上京区の府公館で森林保全活動にかかわる協定を結んだ。
 対象の森林は、同社が「天然水の森 きょうと南山城」としている三上山周辺など約500~700ヘクタール。サントリー食品工業宇治川工場(城陽市)の水源地域にあたる。針葉樹林の間伐や広葉樹林の整備をするという。
 調印式で同社の鳥井信吾副社長は「京都がはぐくんだ水を使って商品を作っている企業として、保全活動は原点」と語った。