ID : 15056
公開日 : 2010年 2月18日
タイトル
東京マラソンで多摩産の間伐材の拍子木配布 
.
新聞名
東京新聞
.
元URL.
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2010021702000213.html
.
元urltop:
.
写真:
  写真が掲載されていました
.
 二十八日の東京マラソンで、東京都日の出町の身体障害者更生援護施設「日の出舎」で製作された応援用の拍子木が使われる。施設の入所者や通所者がランナーたちへの思いを込め、多摩産の間伐材を磨いて作った。 (布施谷航) 拍子木は二十五ミリ角で長さは十七センチ。「東京大マラソン祭り2010」の文字や大会ロゴが焼き入れてある。 多摩産材の活用を進める都のPRの一環として、多摩地区のヒノキの間伐材が使われており、マラソン当日に行われるスタンプラリーの参加者らに配られる予定だ。 日の出舎では、通所や入所の人たちがリハビリや木工作業に取り組んでいる。都は昨年の東京マラソンで初めて三千六百個の拍子木作製を依頼。カンカンという威勢よい音の応援が好評だったことから、今年も四千個を発注した。 材料は職員が材木屋から端材を買うなどして調達。施設の約七十人が、ひもを通す穴を開ける作業や、サンドペーパーで丁寧に磨く作業、ひもを付ける作業を行って仕上げる。施設職員の加藤圭介さん(30)は「大勢の人が注目するイベントで使われるので、みな熱を入れて作っています」と話す。 作業に取り組む一人は「子どもやお年寄りが使うかもしれない。けがのないように応援してもらいたいので…」と、サンドペーパーで拍子木の角を滑らかにする作業に懸命に取り組んでいた。