ID : 15057
公開日 : 2010年 2月18日
タイトル
倒れた東京の柳 小菅村民が再生
.
新聞名
朝日新聞
.
元URL.
http://mytown.asahi.com/yamanashi/news.php?k_id=20000001002170003
.
元urltop:
.
写真:
  写真が掲載されていました
.
施設備品に加工し 狛江市に寄贈 昨秋の台風で倒れた東京都狛江市の柳の大木が、市立児童館など公共施設の看板とまな板に再生された。加工した住民交流友好都市・小菅村の村民らが15日、市に贈った。市は、森林再生に向けて間伐材の活用に取り組む村の事業に協力し、小学校の図書室の床材に村のヒノキを使うなど友好の絆(きずな)が深まっている。   ■友好都市 台風被害で打診 贈られたのは、狛江市立和泉児童館などが入る複合施設2カ所の看板2枚で、大きさは縦60センチ~53センチ、横150センチ~125センチ。機械で彫った文字を墨で塗った。一方、まな板は20枚。縦21センチ、横45センチで、公民館や地域センターなど7カ所の調理実習室に配られる。 贈呈式には柳の木を加工した、小菅村のお年寄りらでつくる「ゆうゆうクラブ」のメンバーら7人が駆けつけ、矢野裕市長に看板などを手渡した。 舩木直光・村教育長が「柳は村民にとっても、(多摩川)いかだレースで(テントを張って市民と交流してきた場所で)お世話になった思い出深い木。なんとかよみがえらせたいとボランティアで取り組みました」とあいさつ。矢野市長も「柳の木陰は市民のオアシスだった。市民の身近な場所に再生していただき、ありがたい」とお礼を述べた。 この柳は高さ約25メートルの大木で、昨年10月、台風による強風で倒れ、市が交流している村に再活用を打診したところ、村で間伐材の有効活用を目指す住民主体の研究グループが快諾。木を切り出して村に持ち帰った後、「ゆうゆうクラブ」のメンバー数人が看板などに再生した。