ID : 15231
公開日 : 2010年 3月 5日
タイトル
県内ほとんどの金融機関が参加 県の「やまがた企業の森」事業
.
新聞名
山形新聞
.
元URL.
http://yamagata-np.jp/news/201003/04/kj_2010030400075.php
.
元urltop:
.
写真:
 
.
地域と企業、県の3者が協定を結び、森づくりに取り組むことで地域活性化を目指す、県の新たな「やまがた企業の森」事業に、県内のほとんどの銀行・信用金庫が参加する方針を示していることが、4日までに分かった。県外企業の参加もあり、県は今月下旬、合同の協定締結式を行う。県みどり自然課は「地域振興の新たな手法になる」と期待している。
 企業などが森林所有者から森を借り、森づくりを進める事業は2003年度から、国の補助事業としてスタート。しかし、事業の性格付けが不明確だったこともあり、県は「やまがた絆(きずな)の森プロジェクト」の一つに位置付けて制度を再構築した。森づくりの舞台となる森林の契約形態は、これまでの2社協定(企業と森林所有者)から県が加わる3社協定に変更。事前に森づくりの候補地を登録し、企業にアピールするなど、県の支援を明確化した。
 同課によると、参加の意向を示しているのは、荘内、山形の両銀行と新庄、山形の両信用金庫。米沢、鶴岡の両信用金庫は初回の締結式にオブザーバーとして参加し、4月以降に協定を結ぶ意向を示している。一方、一般企業からは山形ゼロックス、シェルター、キヤノンマーケティングジャパン(東京)の3社が参加する。
 それぞれ金山町や山辺町、飯豊町などの森林を有料で3~7年間借り、植栽や下刈りなどの森づくり活動をスタートさせる。活動計画の中には、自社ビルで1年間排出した二酸化炭素(CO2)を森づくり活動で相殺するカーボンオフセットを試みるほか、首都圏や地域との交流事業などが盛り込まれている。
 それぞれの企業の森では、地元団体との連携組織(やまがた絆の森コンソーシアム)を設立し、地域振興を進める方針。同課は、この事業の経済効果を年約3600万円とし、延べ約900人の雇用創出を見込んでいる。「地域農産物の流通支援を申し出る企業もある。この事業の効果は計り知れないのではないか」などと話している。