ID : 15253
公開日 : 2010年 3月 5日
タイトル
森林整備で群馬・沼田市と協定 新宿区、年70トンのCO2吸収
.
新聞名
日本経済新聞
.
元URL.
http://www.nikkei.co.jp/news/retto/20100305cfb0501i05.html
.
元urltop:
.
写真:
  写真が掲載されていました
.
東京都新宿区は6日、群馬県沼田市と森林保全のための協定を締結する。区が約17ヘクタールの民有地を借り上げ、区民が環境保護活動や環境教育で植林や草刈りなどを手掛ける。森林整備を通じ、年間約70トンの二酸化炭素(CO2)を吸収できるとみている。都市の温暖化ガスを地方の森林整備で吸収する「自治体間カーボンオフセット」と位置付けている。
 同市が区の水源である利根川上流にあることから、今回の協定につながった。植林予定地はゴルフ場跡地で、10年間の賃貸契約を結び、5月に「新宿の森 沼田」として運営を始める。
 区は2010年度のCO2排出量を1990年度比で5%の増加に抑える計画を策定したにもかかわらず、06年度には10%増加している。区内だけで削減するのは難しいとみて、地方との連携に力を入れている。同様の協定は長野県伊那市と結んでいる。