ID : 1760
公開日 : 2006年 10月 2日
タイトル
栗林公園と県庁に紙製容器の自販機を設置
.
新聞名
四国新聞
.
元URL.
http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/administration/article.aspx?id=20060930000343
.
元urltop:
.
写真:
 
.
国産の間伐材を使った紙製容器「カートカン」入りの飲み物を扱う自動販売機が、香川県高松市の栗林公園と県庁に設置された。自販機の周りを県産ヒノキで囲い、環境に優しい取り組みをPR。担当者は「のどを潤しながら森の大切さを考えて」と呼び掛けている。
 カートカンは円筒形の紙容器で、原料に国産材を30%以上使用。間伐材を有効活用する製品として、間伐の促進や森林の育成につながると期待されている。
 栗林公園商工奨励館そばの自販機一台は、三十日に稼働を開始。コーヒー、紅茶、緑茶の計五種類の商品を販売している。自販機横にカートカン専用のごみ箱を置いてあり、空き容器を回収してリサイクルする。
 県庁には、二十一階の展望室に一台設置している。