ID : 15291
公開日 : 2010年 3月10日
タイトル
国連10億本の植樹キャンペーンにインドが参加 植樹数100億本を突破
.
新聞名
EICネット
.
元URL.
http://www.eic.or.jp/news/?act=view&word=&category=&oversea=1&serial=22810
.
元urltop:
.
写真:
 
.
 インドのシャルマ環境・森林大臣は、2月25日、インドが国連環境計画(UNEP)の「10億本の植樹キャンペーン」に参加すると発表した。インドは2007年から20億本の植樹を行っており、これを加えると、キャンペーンの世界全体での植樹本数は100億本を突破することとなった。 インドはアジアで急成長を遂げる国の一つで、森林にかかる社会経済的な圧力は相当なものだが、インド政府は積極的に解決策を見出そうとしている。アジア(主に中国とインド)で植林された森林の3分の1は、環境保護が目的とされる。また、インドでは、土壌劣化や沙漠化の防止、農地周辺の防風林として植樹を行うシステムが導入されている。さらに、公有林を森林以外の用途に使用する場合には、森林以外の土地や劣化した土地に植林を行って補償する「補償植林プログラム」を打ち出している。 「10億本の植樹キャンペーン」は、2006年11月に、ノーベル平和賞受賞者のワンガリ・マータイ氏やモナコのアルバートⅡ世王子らの呼び掛けにより、世界アグロフォレストリーセンターと共同で開始された。世界170カ国の市民が参加しており、これまでこのキャンペーンで最も多くの植樹を行ったのは中国(26億本)、次いでエチオピア(14億本)、トルコ(約7億本)となっている。