ID : 1764
公開日 : 2006年 10月 2日
タイトル
「びわ湖水源のもりの日」 森林の恵みに理解深める
.
新聞名
京都新聞
.
元URL.
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2006100100096&genre=A2&area=S00
.
元urltop:
.
写真:
 
.
「びわ湖水源のもりの日」の1日、栗東市や高島市など県内の7カ所で、県民ら約200人が一斉に、竹の伐採や枝打ちなど森の整備に取り組んだ。
 もりの日は、森林がもたらす恵みについて理解を深めようと、県が2004年に制定した。10月を「びわ湖水源のもりづくり月間」と定め、地域材を使った住宅の見学会や、巨木探訪ウオークなどを計画している。
 この日、大津市藤尾奥町の「結いの森・藤尾」では、25人が間伐作業をした。参加者はスギが密生している林で、直径約10センチほどの木をのこりぎりで次々に切り倒し、薄暗かった森を明るくしていった。