ID : 15306
公開日 : 2010年 3月11日
タイトル
キクイチ、長野県産材でプランター 有機肥料とセット販売
.
新聞名
日本経済新聞
.
元URL.
http://www.nikkei.co.jp/news/retto/20100310cfb1002u10.html
.
元urltop:
.
写真:
 
.
 生ごみ処理機の製造販売などを手掛けるキクイチ(波田町、百瀬潔社長)は長野県産カラマツの間伐材を使ったプランターを開発、自社製品の肥料とセットにして販売に弾みをつける。プランターは3月末に発売する。同社は同町内の学校給食などで出る生ごみを処理機で有機肥料にして販売している。プランター、肥料とも「地元産」であることをPRし、売り上げ増加を目指す。
 開発した「からまつ緑華」は県産カラマツでつくったプランターで、木目の美しさを強調し、木材を固定する部品には銅を使って光沢を出すなど高級感を出した。カラマツは県内の森林組合から調達し、同社が加工や塗装などを手掛ける。プランター内部を工夫して水がプランターから漏れにくくして水やりの回数を減らすのと同時に、根が腐りにくくしたのが特徴だ。