ID : 15314
公開日 : 2010年 3月11日
タイトル
平成21年度林野庁補助事業木質バイオマス利用拡大定着化事業 成果報告会
.
新聞名
EICネット
.
元URL.
http://www.eic.or.jp/event/?act=view&serial=20828&category=
.
元urltop:
.
写真:
 
.
低炭素社会に向けて木質バイオマスへの期待が高まる中、森林資源の利活用に向けては、多くの課題があります。この事業においては、森林から木材を搬出するシステムの構築、流通・消費の体系の整備、新たな木質バイオマス技術の開発等、総合的な森林資源活用の課題検討としての定着化推進会議及び、課題解決のケーススタディとして4地域での定着化課題検討会を実施して参りました。これらの成果を広く普及していくため、成果報告会を開催し、森林資源活用の課題抽出と今後の取組への提言を発表致します。多くのみなさまのご参加をお待ちしております。
=開催概要=■開催日時:2010年3月29日(月)13:15~17:35(12:45開場)
■開催場所:発明会館ホール(地下鉄銀座線「虎ノ門」駅 3番出口徒歩5分) 住所:東京都港区虎ノ門2-9-14http://www.alc.co.jp/event/map/hatsumei_kaikan/body.html
■テーマ: 「森林・林業再生とバイオマス利用への提言~林業・林産業変革とバイオマス活用の役割~」■定員:200名(先着順)■参加費:無料
=開催内容=■スケジュール:13:15 林野庁挨拶13:20 木質バイオマス利用拡大定着化への期待:熊崎 實13:40 事業概要説明及び提言の発表:事務局14:05 木質バイオマス利用拡大定着化に向けた推進委員からの提言16:25 パネルディスカッション
■コーディネーター: 熊崎 實 (日本木質ペレット協会 会長)■課題提言・パネリスト: 梶山 恵司 (内閣官房国家戦略室 内閣審議官) 久保山 裕史 ((独)森林総合研究所 林業システム研究室) 小島 康夫 (新潟大学農学部 応用生物化学科木質バイオマス研究室 教授) 古藤田 香代子 (一橋大学社会学部 非常勤講師/環境・地域づくり消費生活アドバイザー) 東泉 清寿 ((株)トーセン 代表取締役社長) 湯浅 勲 (日吉町森林組合 参事)

○参加お申し込み○以下の内容をinfo@mori-energy.jpへメールでお送りください。 ・氏名(フリガナ) ・所属(企業名等)・役職 ・住所(勤務先または自宅) ・TEL ・E-mail
※定員を超えた場合のみご連絡いたします。※定員に空きがある場合には当日参加も受け付けます。(申し込み締め切り 2010年3月25日(木)まで)

○主催・お問い合わせ先○株式会社 森のエネルギー研究所木質バイオマス利用拡大定着化事業事務局(担当:石山、池谷、前保)〒198-0036 東京都青梅市河辺町5-10-1 セントラルビル2FTEL: 0428-28-0010   FAX: 0428-28-0037E-mail: info@mori-energy.jpURL: http://www.mori-energy.jp/